葬儀を終えても供養がおしまいになるわけではなく、改まった形ではなくても毎日続いていくのです。

故人をしのぶ葬儀と法事のマナー
故人をしのぶ葬儀と法事のマナー

葬儀を終えても続く供養

故人をしのぶ葬儀と法事のマナー
身内が亡くなって悲しみに浸る間もなく、葬儀の準備が時間に追われるように始まります。様々な手続きをして、スケジュールをこなし、来客の相手をしたり、あわただしく時間が流れてゆきます。葬儀が終わって親戚なども帰った後、やっと心ゆくまで悲しみの涙にくれる事ができます。仏式の法要では初七日は繰り上げ法要で済ませる場合が多いですが、7日ごとの法要を49日の法要のまで続けます。このあたりはまだ緊張感があります。遺族の法要次第で地獄に行かなくても済むといった意味があるらしいからです。宗教的な教えを信じているかということとは別として、出来ることは可能な限りしてあげたいという気持ちから供養をします。お坊さんに来ていただく家もあるでしょうが毎週では大変なので、今は宗派ごとのお経のCDなども手軽に入手できるので、それでもいいのではないかと思います。本来宗教的な意味合いに則った手順などがあるのでしょうが、故人を悼む気持ちがあればできる範囲でも許されるのではないかと思います。集った人々もそれぞれ別の宗教や宗派であったりもするので、四十九日法要以外は葬儀ほど厳密でなくてもいいのではないでしょうか。亡くなった日を含めて50日目に忌明けを迎えます。

その後、百日法要があります。形見分けなどを行うのですが、葬儀の後親戚が集まっている時や別の機会に全部とはいかずとも一部は渡してしまっているかもしれません。お経をあげて、皆で故人の思い出を語りながら過ごせば良いでしょう。それから一周忌、三周忌、長いところでは私の親戚の住んでいる田舎などでは何百年も前に亡くなった方の法要もしているようですが、そんな感じで法要は続きます。そして大きな儀式とは別に、日々の供養があります。私はこちらの方が大切だと思います。季節の花を供え、朝起きたら仏壇に手を合わせ、日々の出来事を報告します。故人を毎日身近に感じる事が一番の供養になると思います。

オススメのサイト